吃音症とは?周囲の理解・対応で吃音の改善を

その他の障害・病気

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/103286?title=%E6%82%A9%E3%82%801


みなさん、「吃音(きつおん)症」という病気をご存知ですか?
吃音とは、しゃべる時にある言葉が連続して発せられてしまったり、瞬間的に無音状態になり、言葉を円滑に話すことが出来ない病気です。
幼少期や思春期でのトラウマであったり、厳しい躾(しつけ)などが原因で吃音症を発症すると考えられています。

吃音の症状



吃音の症状には、大きく次の3種類に分けられます。

連声型(連発して発音)
例えば、「こんにちは」と言いたい時に、「こ、こ、こ、こんにちは」のように、最初の言葉を連続して発音してしまいます。

伸発型(引き延ばして発音)
「こーーーんにちは」のように、最初の言葉のみを引きのばして発音してしまいます。

無声型(あとの言葉が続かない)
「こ・・・」となり、詰まってしまい、あとの言葉が続かない状態になってしまいます。


吃音の治療法・改善法



吃音症の原因には、児童の発達性のものと頭部外傷などによる後天的なものがあります。
発達性の吃音症は時間と共に解決するケースが多いです。
その一方で後天的な吃音症については、これをするだけで短期間で治るというお手軽な治療法はありません。
脳、心理面、コミュニケーション、体の使い方などを時間をかけて少しずつ統合的に治療していく必要があります。
その中で、まず会話の仕方を変えることから取り組むことをおすすめします。
会話の仕方を変えることで脳の活性するパターンは変わります。
会話の癖、パターンを変えることによって吃音の改善につながります。
また、吃音が発生しにくい話し方というのが、「抑揚をつけた話し方」です。
言葉に抑揚を込めて話すことで、左半球の言語脳や脳全体の伝達が活性化します。
聞き手にとっても抑揚のある話し方は、聞きやすく話が上手く聞こえるというメリットもあります。
もちろん、これだけでは吃音が出なくなるわけではありませんが、吃音を治療していく上で話し方の基本となる大切なことです。
まず、最初にこのことに取り組み、自分の会話がスムーズになる兆候を感じ取ることができれば、今後の吃音改善も上手くいくことでしょう。


吃音の対応方法



吃音はいじめの対象になることもあり、苦しんでいる方が多くいます。
吃音・どもりがある方にはどのように対応したらよいでしょうか?
吃音症のある方に対して周囲が出きる対応はせかさずに話を聞くことです。
せかしてしまうと吃音に対するコンプレックスを生むことにもなるので注意が必要です。
吃音症を抱える方は日頃から身近な人とコミュニケーションを積極的にとり、少しでも不安材料を取り除く努力をしましょう。
少しずつでも、慣れていくことで、自信につながります。
決して馬鹿にするような態度はせず、しっかりと理解を示してあげることです。

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、
障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

その他の障害・病気

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください