HSPと、ともに。

とうとうダウン。心臓発作と思いきや、原因は意外なものでした〜HSPと、ともに。<vol.10>

HSPと、ともに。vol.10 <毎月1日連載>

昨年末、動悸や息切れがしたり、胸の痛みや呼吸が浅いなどの症状があり、しばらく様子をみていました。私はパニック障害があるので、心臓の具合が悪くなるのですが、検査をしても心臓には異常がないので、また気のせいかなと思っていたのです。

ところがとうとう、救急車を呼びたくなるくらい心臓の具合が悪くなりました。やっぱりこれは心臓が悪くなったのかな…と思いながら、しばらく安静にしていました。

次の日、いつもお世話になっている整体院の先生に診ていただくと、胃が上にあがっていて、心臓が圧迫されているとのことでした。アレルギーなどで、腸にガスが溜まり、胃と腸が癒着して、心臓が押し上げられて圧迫されるので、動悸がしたり、痛みが出たり、呼吸がしにくくなったりするそうです。

そこで、胃と腸を元の位置に戻していただきました。それだけで、あれだけ苦しかった症状が消えました。私の先生の患者さんで、同じような症状で心臓の手術をする予定だった方が、胃を下げただけで良くなって、手術をしなくて済んだケースがあったそうです。パニック障害の過呼吸も、これが原因のこともあるようです。

すぐに良くなったので、本当に助かりました。お風呂に入るのも苦しくて、あがってからもしばらく動悸がして治まらないこともありました。治していただいてからは快適です。

先生からいただいた注意事項は、食後30分は横にならない、炭酸は飲まない、の2点です。ちゃんと守っています。原因が胃だとは思いもしなかったので、大変勉強になりました。

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

川田 直美  障害者ドットコム株式会社スタッフ

生まれながらのHSP、発達障害(学習障害・LD)やパニック障害を抱え、生きづらさも感じながら、日々楽しくいこうと考えている。今まで、花屋、ケーキ屋、カフェ、デザイン企画、オリジナル雑貨制作などいろいろな仕事を経験。自然と犬と本が大好き。

発達障害 パニック障害・不安障害

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください