手話だけじゃない!中途失聴者のコミュニケーションの取り方

暮らし

出典:http://www.photo-ac.com


聴覚障害者というと、手話でコミュニケーションがとれる人だと誤解していませんか?中途失聴者になって、今日聴力を失って、明日には手話を使いこなすことができると思いますか?

手話を主なコミュニケーションとして使っている人は、2割に満たないそうです。今回は中途失聴者をテーマにお送りします。

聴覚障害者のコミュニケーション方法



中途失聴者とは、音声言語を習得した後、何らかの事情で聴力が落ちたり、聴力を失った人のことを言います。外から見えにくい障害で、周りの人が見て、ろう者、難聴者、中途失聴者の違いが分かりにくく、当事者もそのことについて悩みを抱えています。

聴力が下がる原因は、薬の副作用、強烈な音による耳のダメージ、頭部への衝撃、耳の気圧変化、遺伝性、ウイルス性、ストレス、などが挙げられます。


聴覚障害者のコミュニケーション方法



聴覚障害者のコミュニケーション方法には、次のようなものがあります。

手話
おなじみの、手を使って話をして、目で見て聞くという方法です。健常者が耳で覚えて習得したように、聴覚障害者の方も、小さいときから目で見ていろいろな言葉を覚えます。

筆談
メモに書いてお互いにやりとりします。メモがないときは手のひらや、空間(空書)を使うことあります。言語概念を習得した中途失聴者であれば、普段通りに筆談できます。文章が苦手な人は理解できないこともあるので、難しい言葉は避け、分かりやすい言葉を使って短文で行います。

要約筆記
話の内容を要約し文字にして伝えます。要約筆記をする通訳者を要約筆記奉仕員(ノートテイカー)といいます。主に中途失聴者・難聴者が対象です。マイナス面としては、書き手の意思や能力に左右されてしまうので、必要なことが書きとられているかは分からないことがあります。

身振り
ジェスチャーです。身振り、手振り、口の動きで伝えます。他のコミュニケーション方法と併用されます。

読話(口話)
話をしている人を見て、唇や口の動きで発音や内容を読み取ります。

日本語式指文字
日本語の手話の指文字を、手のひらで触らせて話したいことを伝えます。

ローマ字式指文字
ヘレン・ケラーが主に使っていた方法です。アルファベット指文字をローマ字表記にし、盲ろう者の片方の手のひらに触らせて話したいことを伝えます。


中途失聴者が困っていること



中途失聴者が困っていることには、次のようなことがあります。

・補聴器になじめない。補聴器をつけても聞きづらい。
・途中から聞こえなくなったので、聞こえていないことをなかなか言えない。
・手話がなかなか覚えられない。または高齢により覚えることができない
・職場で電話が使えない
・手話をなかなか覚えることができない
・病院で名前を呼ばれても分からない
・相手がマスクをつけていると、聞き取りずらく、口の動きが分からない
・聴覚障害といっても、聞こえ方は一人一人ちがいます。大声で話すと聞こえると勘違いされてしまう。
・FAXがないお店は自分で連絡することができない。


病院で起こるトラブル



医師が問診をするときに、十分に意思疎通を図ることができないと、誤診につながったり、見当違いの治療を施されたりしてしまいます。病院の受付、診察室、検査室、会計、薬局で呼び出されたことが分からないので、順番が後になったりしてしまいます。

検査を受ける時に、検査技師からの指示が分からないときもあります。例えばレントゲンを撮るときに、向きを変えたり、あごの位置や、息を止める瞬間などが分からなくて、指示に従うことができずトラブルになってしまうこともあります。



耳が聞こえる立場から聴覚障害について考えると、どうしたらよいか分からない場面はたくさんあります。良い事例を紹介します。聴覚障害を持つ人が、お店の中で店員の説明が理解できずに困っていました。すると、そばにいた人が、携帯電話を使って、話の内容を入力して見せてくれたおかげで意思疎通ができたというケースがありました。少しでも障害を持つ人たちにとって、優しい世の中に変わっていくと良いですね。

障害者ドットコムニュース編集部

障害者ドットコムニュース編集部

「福祉をもっとわかりやすく!使いやすく!楽しく!」をモットーに、障害・病気をもつ方の仕事や暮らしに関する最新ニュースやコラムなどを発信していきます。
よろしくお願いします。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP

しばらくお待ちください