統合失調症を患う私が久しぶりに再会した友人にかけてもらって嬉しかった言葉

暮らし

unsplash-logo Bùi Thanh Tâm

病状悪化、入院と症状の酷い時には一時友人との交流を自ら断ってしまいましたが、寛解と言えるまで回復した時、私は以前止めてしまっていたFacebookを再開したことをきっかけに、再び学生時代の友人と交流ができるようになりました。その後、実際に再会した時に友人から言われて嬉しかった言葉をまとめてみました。

元気そうで良かった

現在私は関西在住ですが、関東に住む親戚の家に泊まりに行くことになり、そして上記のとおりFacebookを再開した際に1人の学生時代の友人が泊まりに行く予定の親戚の家の近くに住んでいることが分かり、また友人のほうから会えたらいいねと言ってくれたお陰で再会することとなりました。その友人は結婚し、今年生まれたばかりのお子さんもいて、実際に再会した時には赤ちゃんも一緒に来てくれました。一緒にランチをし、私が最近はちょっとした旅行をしつつ就職活動中なことを話すと、無理せずゆっくりでいいと思うよと言ってくれ、その友人自身が出産前までは看護師として働いていた経験があることでかけてくれる言葉には説得力がありより勇気付けられました。「元気そうで良かった」と言われた時には、そう見えるのかな、と少し嬉しかったです。帰り際にはその友人とお子さんと私の3人で写真も撮り、良い記念になりました。

会って無駄な時間を過ごしたとは思わないよ

毎日仕事で忙しいはずの友人と再会した際、私にとってその友人との再会は、家族や親戚以外の人と出かけるというかなり久しぶりの出来事だったので、どう思われるか心配でした。しかし、会ってすぐに友人は再会を喜んでくれ、こんな働けてもない私と会ってくれてありがとうと私が言うと、「みんなそれぞれ毎日頑張っている中でこうして会うのは、会って無駄な時間を過ごしたとは思わないよ」と言ってくれ、お陰で会っても良いのだと安心し、私自身これからより毎日努力して、再び友人と会う時には少しでも成長した自分を見せられたらなと思うようにもなりました。

もう一生会えないかもと思っていたから会えて嬉しい

この言葉をかけてくれた友人は、今年関西で大きな地震があった際、私の家が震源地に近いことを心配し連絡をくれたことをきっかけに再会することになりました。再会した時にはその友人と私を含めて4人で夕食を食べました。皆、学生時代に軽音楽部で共にした仲間です。再会してみると友人はすっかりキャリアウーマンという感じで綺麗になっていて、私も頑張らなくちゃいけないなと思いましたが、話していると学生時代のまま、相変わらずという感じで安心もしました。その友人は「軽音楽部の仲間でそのうち(私から)きっと連絡をくれるはずだからその時まで待とう、と言ってはいたけど、もう一生会えないかもと思っていたから会えて嬉しい」と言われ、皆そんなことを思っていてくれたのだ、私のことも話題にしてくれていたのだなと嬉しく、また申し訳なくも思いました。この時も、別れ際には皆で写真を撮り、時々この写真を見返しては私にも仲間がいると勇気づけられています。

10年ぶりでも変わってないね

病気を患う前の高校卒業のころから会っていなかった友人と会い、楽しい夕食を食べました。とても明るく、人として素敵だなと思う彼女は、自身の恋愛話など赤裸々に語ってくれとても楽しかったです。「何年ぶりかな?高校卒業以来なら10年ぶり?10年ぶりでも変わってないね」と言われ、久々の再会を喜ぶと同時に、会っていなかった間の年月を感じさせない姿だったのかなと安心もしました。

音信不通だったことを心配してくれていた友人達は、一応は私が元気に暮らしていることを知り再会を喜んでくれましたが、そんな友人たちと今後も時々連絡を取ったり会ったりして、学生時代以上の関係性が築けたら嬉しいです。

あおぞら

あおぞら

アラサー女のあおぞらです。抱えている障害は統合失調症。学生時代に芸術大学で学んでいた経験から、現在も美術鑑賞、イラスト制作は趣味で、最近はまっているのは韓流ドラマとお笑い芸人がパーソナリティの深夜ラジオ。最近頑張っていることはジムでのトレーニング。楽しいことや美味しい物が好きなマイペース人間です。現在は就職活動中です。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP