障害者手帳とは

暮らし

unsplash-logo Ali Yahya

障害者手帳は、自分に障害があることを証明するための手帳です。これを持つことによって、様々な福祉サービスを受けられるだけでなく、障害者雇用の求人に応募する事ができます。企業の障害者雇用の担当者は手帳制度をよく理解しておく必要があります。

障害者手帳には「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」の3つがあります。自分の障害の症状が重いほど等級の数字は小さくなります。最高は1級で、最低は3級です。精神障害者保健福祉手帳のみ2年おきに更新しなければいけません。他2つは更新は不要(自治体によって異なります)です。その他、様々な割引を受けることもできます。

身体障害者手帳とは

体に病気を抱えており、日常生活や仕事で支障が出ている人に対して発行される手帳です。目で見える障害の他に、聴覚障害などの目では見えない障害も含まれます。更新は不要です。そのため何年、何十年と長い期間同じ手帳を使用し続ける人も多いです。しかし長い期間使い続けた結果、手帳取得時から自分の容姿が大きく変わっているケースが多くなっています。この場合、本人の希望があれば新しい写真で再交付することも可能です。これは療育手帳も同様です。

療育手帳とは

知的障害があると判断された人に対して発行される手帳です。身体障害者手帳と同様、更新は不要です。この手帳の制度は各自治体独自の施策となっています。そのため自治体によって障害支援区分が違うなどの問題が発生しています。因みに、軽度の知的障害者は精神障害者保健福祉手帳の取得も可能です。

精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害があると判断された人に対して発行される手帳です。発達障害も精神障害の範疇とされています。他の2つとは異なり、2年おきに更新しなければいけません。手帳の表示を見ただけでは精神障害者であることは分からないようになっています(表紙には障害者手帳とだけ書かれています)。更新の際に医師の診断を受ける必要があり、そこで症状が改善されたと判断されれば手帳を返還しなければいけません。当然ですが、返還後は手帳は効力を失います。つまり、返還後は障害者として認定されなくなります。

割引について

障害者手帳を持っていると、様々な割引を受けられます。まず、住民税や所得税、自動車税などの税金が控除されます(条件あり。確定申告で申告する必要あり)。携帯料金や受信料、テーマパークの割引を受けることもできます。交通機関の割引もあります。身体障害者と知的障害者に対しては割引を行っている事業者は多いですが、精神障害者に対して割引を行っている会社は他の2つの障害より少なくなっています。但し、割引の対象とする事業者は徐々に増えてきています。

まとめ

障害者手帳を取得すると福祉サービスを受ける事ができたり、税金の控除や交通機関の割引の対象になります。福祉サービスの内容は住んでいる自治体によって違うので、一度役所へ問い合わせるのがいいでしょう。また、税金の控除は手続きをしないと受けることができませんので、注意が必要です。

参考文献
障害者手帳-Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki

障害者手帳-Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki

障害者手帳とは?種類ごとの申請方法と受けられるサービスをご紹介します
https://ja.wikipedia.org/wiki

障害者手帳とは? 〜サービス・種類・対象・申請方法・就労・Q&A〜
https://ja.wikipedia.org/wiki

カレーライス

カレーライス

性別:男
障害名:自閉症スペクトラム
特徴:鉄道ファン(撮り鉄)・音楽を聴くのが好き・体力には自信がある・ゲームをする事が好き。
集中力は高いが、あまりに集中するあまり、周りが見えなくなる事がある。

関連記事

人気記事

施設検索履歴を開く

最近見た施設

閲覧履歴がありません。

TOP